富士林プラザ13番館|JR大阪環状線「芦原橋」駅徒歩2分の新築分譲マンション。

クオリティ

構造

永住の礎となる構造・工法。
防音性と断熱性に優れた外壁構造。
防音性と断熱性に優れた外壁構造。
外気に面する壁の居室側には断熱材の発泡ウレタンを吹き付けた上にプラスターボードを貼ることで、結露を抑制する対策を施しています。
安らぎある住空間を実現する戸境壁。
安らぎある住空間を実現する戸境壁。
隣接住戸への生活音の漏れに配慮し、防音性を向上。プライバシーの守られた安らぎある住空間がもたらされます。
地震時の避難経路を確保する「耐震ドア枠」。
地震時の避難経路を確保する「耐震ドア枠」。
地震時には、建物の揺れにともなって玄関ドア部分も変形します。その結果、ドアの角が枠に接触し、ドアが開かなくなる場合があります。このような事態を回避するため、枠とドアの間に適度なクリアランスを確保した耐震枠を採用しています。
T-2等級サッシで静かな環境を実現。
T-2等級サッシで静かな環境を実現。
室内の快適性を高めるため、開口部に遮音性能T-2(30等級)の防音サッシを採用しています。外部からの音を約30dB(デシベル)軽減します。
※イラストはイメージです。実際の部屋にはサッシ以外の部分から音が伝わる為、数値通りの効果は得られません。※音の感じ方には個人差があり、絶対的な判断はいたしかねます。
ダブル配筋により堅牢性をさらに向上。
ダブル配筋により堅牢性をさらに向上。
床や耐力壁など主要な構造部のコンクリート内(非耐力壁の一部を除く)には、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用。シングル配筋に比べひび割れが起きにくく耐久性が高まり、より強度がアップします。
すっきり広々空間を生むアウトポール設計。
すっきり広々空間を生むアウトポール設計。
メインバルコニー側の居室は、構造柱を屋外に設け室内のコーナーから柱型をなくしたアウトポール設計を採用。隅々まですっきりしているので開放感があり、家具等のレイアウトが自由にできます。
設計基準強度30N/mm²以上のコンクリート。
設計基準強度30N/mm²以上のコンクリート。
構造躯体には1㎡あたり約3,000〜3,300tの圧縮に耐えられる強度を持つ、30N/mm²〜33N/mm²のコンクリートを採用しています。マンションの寿命や維持管理費用にも大きく影響します。
※コンクリート自体の圧縮強度であり、床に乗せられる重さではありません。
遮音性に配慮した床構造。
遮音性に配慮した床構造。
上下住戸間の床スラブ厚は約200〜230mmを確保。さらにLL-45等級のフローリング材を組み合わせ、遮音性の向上に配慮しました。
スッキリした室内空間を創るボイドスラブ工法。
スッキリした室内空間を創るボイドスラブ工法。
コンクリートスラブ内に鋼管を通すことで天井の小梁を解消し、すっきりとした空間を実現するボイドスラブ工法を採用しました。
建物の耐震性を向上する頭部鋼管杭。
建物の耐震性を向上する頭部鋼管杭。
地下約31m超に確認された強固な支持層に15本の杭を打ち込む杭工法を採用。杭頭部を鋼管コンクリートの合成構造とすることによって水平耐力を高めた頭部鋼管杭、さらに先端部分の面積を広げることで支持力を強化した拡底杭を採用しています。
第三者機関による信頼の証となる、2つの性能評価書。
第三者機関による信頼の証となる、2つの性能評価書。
住宅性能の情報開示と安心できる住まいの提供を目的とし、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品確法)」に基づく『住宅性能表示制度』を採用しております。本制度は、「国土交通大臣指定の評価機関」が、国が定めた評価基準に基づき、第三者として客観的かつ公平な視点で住宅の性能評価を行うもので、
① マンションの設計段階においては「設計住宅性能評価書」が発行されます。
② 完成段階においては「建設住宅性能評価書」が発行されます。
共用部に防災倉庫を確保。
共用部に防災倉庫を確保。
1階の共用部には、救助用品や緊急用トイレなどの防災アイテムを備えた防災倉庫を設置し、防災力を強化しました。
大阪市建築物環境性能表示制度
(CASBEE大阪みらい)。
建物の耐震性を向上する頭部鋼管杭。
建築物の環境性能や品質、室内環境の快適性などを評価するシステムです。「富士林プラザ13番館」は総合評価B+(☆☆☆)となります。
柱の強度を高める溶接閉鎖型筋。
第三者機関による信頼の証となる、2つの性能評価書。
柱の強度を高めるため、帯筋には溶接閉鎖型筋を採用。従来の折り曲げ加工ではなく、継ぎ目の部分を、しっかりと溶接しているため地震の揺れに対してねばり強さを発揮します。
異常を察知して素早く自動停止する
エレベーター。
共用部に防災倉庫を確保。
大きな地震や火災や停電などの非常事態が発生した場合、エレベーターは自動的に最寄階に停止します。
【フラット35】S認定取得マンション。
(取得予定)
建物の耐震性を向上する頭部鋼管杭。
この物件は、「フラット35」Sの適合証明書を団地取得(予定)するマンションです。詳しくは、住宅金融支援機構HPをご覧ください。

Copyright© Fujiringyo Co., Ltd. All Rights Reserved.